クレンジングが一番重要?基本スキンケアを解説

クレンジングが重要|正しいスキンケア

今回のテーマは「クレンジング」です。毎日欠かさず行うスキンケアの参考にしていただければと思います。

こんにちは、千葉県成田市でエステサロンを運営しているvalanです。

肌を若々しくきれいに保つには正しい知識が必要です。そこで皆さん、普段の毎日のクレンジングは正しいですか?そのクレンジングは自分の肌に合っているでしょうか?

クレンジングとは?

クレンジングは主にメイクなどに含まれる油性汚れを落とす際に使用する基礎化粧品です。全てではありませんが、メイク化粧品にはメイク崩れを防ぐために油性基材が使われることが多いです。また、油分を含むことでメイク馴染みが良くなるなど必要な素材である事は間違いありません。

その油分を含むメイクなどの汚れ、毛穴に詰まる皮脂などをしっかり落とすことを「クレンジング」と言います。いつもメイクをする方は必ず一番最初に行う工程ですよね!

クレンジングの種類はたくさんある

しかし、そのクレンジングですが種類が豊富にあります。では、なぜ色々な種類のクレンジングがあるのでしょか?

「全ての肌に合うクレンジング商品は無い」

様々な企業が色々な研究を重ねて、色々な商品を開発しているわけです。人の肌は千差万別で1つとして同じ肌は存在しません。そのため、全ての人の肌に合うクレンジング商品は存在しません。その結果、色々な種類の商品が市場にあるわけです。

それにより「自分はどのクレンジングを使ったら良いか分からない」や「とりあえずコレを使っています」と言う方が多くなるのではないでしょうか?

そこで今回は表にして「クレンジングの種類」「クレンジングの特徴」「メイクオフの効果」をまとめてご説明したいと思います。

クレンジングタイプクレンジングの特徴メイクオフの効果
シートタイプ界面活性剤の洗浄力だけでメイクを落とす+「拭き取る刺激」により肌へのダメージが非常に大きい。毛穴へ汚れを押し込んでいる可能性もあります。毎日は絶対避けたいクレンジングなので旅行などの携帯用で使用するなど使用頻度を減らすことが良い。非常に強い
オイルタイプマスカラもスルリと落ちる+洗い流しがスピーディーなので人気がある。界面活性剤が多く配合されているため、肌への負担が大きい傾向にあるものが多い。強い
ジェルタイプオイルタイプと違い乳化してない透明ジェルタイプは、界面活性剤が多く肌への負担は大きくなります。濃い目のメイクではしっかり落とすためには良いアイテムです。肌が弱い方や薄めのメイクの方は違うアイテムでも良い。非常に強い
クリームタイプ度に油分を含み、肌への負担も少なくメイクオフの力も良い物が多いです。「肌に優しいタイプ」「落とす力が強いタイプ」などメーカーによってバラつきがあるので注意が必要です。強い~弱い
ミルクタイプ肌への負担が一番やさしいクレンジングアイテムです。他のタイプと違い主成分が水分の物が多く、メイクオフの力はやや低めです。肌の弱い方や薄目のメイクの方にはおすすめです。弱い

クレンジングを選ぶときのポイント

では、具体的に自分に合ったクレンジングを選ぶときに気を付ける点を考えてみましょう。

数あるアイテム中で自分に合ったクレンジングを見つけることは難しいかもしれません。しかし、毎日使用し続けることを考えるとしっかり選ぶ必要があると思います。また、もし合わない場合は使いきれずに捨てることになってしまいます。

それでは、選ぶ際のポイントを解説していきたいと思います。

自分の肌の状態を知ろう

まず初めに自分に合ったクレンジングを見つける前に「自分の肌の状態」を知る必要があります。この肌状態は年齢やライフスタイル、日々のスキンケアによって皆さん全く違います。ちゃんとした肌の状態を知りたい方は「美容整形外科」「皮膚科」「エステサロン」などで聞くのがベストです。

あべちゃん
あべちゃん

肌トラブルが無いのに医療機関に掛かるのはって思いますよね。
だからこそ、エステサロンで相談してみて欲しいです!

フェイシャルエステメニューはコチラ

自分の肌の状態をチェックするためのポイントは以下の通りです。

  • 自分の肌が弱い(敏感)のか強いのか?
  • 自分のメイクは濃い目なのか薄目なのか?
  • 毎日使う物なのか、外出のみで使うのか?

何を優先してクレンジングを決める?

さて、自分の肌の状態が分かったら、先程のクレンジングタイプの表を使ってどのクレンジングが合うのか照らし合わせてみましょう。

クレンジングタイプクレンジングの特徴自分の肌状態
シートタイプ界面活性剤の洗浄力だけでメイクを落とす+「拭き取る刺激」により肌へのダメージが非常に大きい。毛穴へ汚れを押し込んでいる可能性もあります。毎日は絶対避けたいクレンジングなので旅行などの携帯用で使用するなど使用頻度を減らすことが良い。肌が強い
濃いメイク
たまに使用
オイルタイプマスカラもスルリと落ちる+洗い流しがスピーディーなので人気がある。界面活性剤が多く配合されているため、肌への負担が大きい傾向にあるものが多い。肌は普通
濃いメイク
毎日使用
ジェルタイプオイルタイプと違い乳化してない透明ジェルタイプは、界面活性剤が多く肌への負担は大きくなります。濃い目のメイクではしっかり落とすためには良いアイテムです。肌が弱い方や薄めのメイクの方は違うアイテムでも良い。肌は普通
濃いメイク
毎日使用
クリームタイプ度に油分を含み、肌への負担も少なくメイクオフの力も良い物が多いです。「肌に優しいタイプ」「落とす力が強いタイプ」などメーカーによってバラつきがあるので注意が必要です。肌が弱い
濃いメイク
毎日使用
ミルクタイプ肌への負担が一番やさしいクレンジングアイテムです。他のタイプと違い主成分が水分の物が多く、メイクオフの力はやや低めです。肌の弱い方や薄目のメイクの方にはおすすめです。肌が弱い
薄いメイク
毎日使用

私たちのサロンで一番優先していることは「肌への負担」です。

メイクが落ちているかどうかは確かに重要なポイントだと思います。しかし、毎日使用した結果、肌が荒れてしまえば、良いスキンケアとは言えないのです。

肌の性質(敏感・乾燥)は生まれ持った性質なので劇的な改善は難しいです。しかし、肌の状態を適切なスキンケアで良い状態へ整えることは可能です。つまり、適切なスキンケアが出来ていなくて崩れてしまった肌状態は改善できるということです。

そういった観点から、「肌への負担」「メイクオフの力」を総合的に見て、毎日使用することを考えれば「クリームタイプ」「ミルクタイプ」が一番良いと思います。

クレンジングを2アイテム持つという選択

先程、「クリームタイプ」か「ミルクタイプ」が一番良いと提案しました。例えばメイクの多い日はクリームタイプ、薄い時はミルクタイプを使い分けるのも良いです。

クリームや美容液はこだわって、使い分けをしている方も多いと思います。是非、クレンジングもそうしてみると良いと思います。

良いクリームや美容液を使っても毎日のクレンジングや洗顔で肌にダメージを加えていれば効果は半減です。肌の毛穴汚れやシワ、乾燥、ニキビにお悩みの方は一度「綺麗に落とす(クレンジング)」ことを見直してみてください。

valanでおすすめするクレンジング

フェースラメラベールEX クレンジング

メイクや皮脂の汚れをお肌に負担なく包み込み落とす、洗い流すタイプのクレンジング。伸びが良く、軽いタッチでスムーズに汚れを落としながらうるおいを与えます。

クレンジングにも潤いの成分である「ゼラチンコラーゲン」を使用しています。肌に優しい製品です。

¥4,950円(税込)

毎日メイクをしている方にももちろん、男性のお客様にも是非使用して頂きたいのがクレンジングです。以前メンズフェイシャルのお客様を担当した際「肌のテカり」「ニキビ」を気になさってる方いらっしゃいました。男性のお客様に共通しているのが洗顔はしているけど、クレンジングは使ったことがないというお話です。クレンジングのイメージは、女性がメイクを落とすものという方が圧倒的に多いのです。クレンジングはメイクという目的で使用されていますが、肌の余分な皮脂やそれに付着する汚れも落としてくれます。

男性の皆さんも、洗顔前のクレンジングをしっかり行ってみて下さい。そして、洗顔で毛穴の汚れを洗い流すことでお肌を清潔な状態に整えてあげて下さい。

まとめ

肌のメイクや汚れを落とすというスキンケアは最も大事と言っても過言ではありません。汚れが肌のトラブルに繋がるケースがほとんどです。だからこそ毎日使うクレンジングは適切なものを選ぶ必要があるのだと思います。

しっかりと汚れを落とすことが、その後の保湿のケアの効果を左右します!

お肌を変えたい方、悩みが解決しない方、是非valanでカウンセリング・フェイシャル・メンズフェイシャルを体験してみてください。

フェイシャルエステメニューはコチラ

valanのWeb予約サイト
valanのホットペッパー予約サイト

関連記事

  1. 冬季うつの対処法・解消法

    冬季うつ。誰もが100%経験する症状とおすすめの対策はコレ!…

  2. 洗顔料の選び方|valan成田

    洗顔アイテムを選ぶポイント|エステティシャン解説

  3. 花粉と肌トラブル「かゆみ」「赤み」のスキンケア対策

    花粉と肌トラブル【春スキンケア】注意点

  4. 【冬スキンケア】ダメージ肌どう向き合う?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スタッフ紹介

valanのスタッフ紹介動画